時間がない社会人のための受験勉強法【予備校いらず】

社会人はとにかく時間がない

今回は社会人が受験勉強するための勉強法やモチベーションの保ち方を紹介します。

 

ただ実際のところ学生であっても社会人であっても勉強のやり方自体は変わりません。

 

社会人が学生と大きく違うのは勉強時間がないということです。

 

もちろん学生も学校があるので忙しいかもしれませんが、学校内の大半の時間は勉強です。

 

しかし社会人の場合は、基本的に平日は仕事で時間がつぶれますし、休日は疲れててわざわざ勉強する気にはなれません。

 

場合によっては休日でも仕事を意識した行動をしないといけない人もいるでしょう。

 

仕事を第一に考えなければならない社会人にとって、受験勉強をすることは想像以上に負担が大きいことなんですよね。

 

なので社会人が受験する場合は、いつ勉強するかを明確に計画することが大切です。

 

やれるときに勉強しよう!

 

では誘惑に負けて絶対に勉強が続かないです。

 

勉強すると決めた時間は何がなんでも絶対に勉強する。見たいテレビがその時間に重なっても、友人に遊びに誘われたとしても勉強する。

 

それぐらい強い意志がないとまず成績を上げることはできません。

塾・予備校に頼らない勉強手段

勉強する手段として一般的には塾や予備校が有名ですが、私は社会人の皆さんには塾・予備校などの集団授業はおすすめしません。

 

まず第一に始めのほうでも言いましたが、社会人は時間がありません。

 

予備校に行く場合、ほとんどの人はある程度通学時間をかけなければいけないので、その時間が無駄です。

 

さらに予備校では集団の上のほうに向けて授業を展開するので、取る授業を間違えると授業時間が丸々無駄になります。

 

自分の実力や目標に対応した授業をしてくれるかどうかは、受けてみて始めて分かることなので、私的には時間とお金がもったいないと思います。

 

次に金銭面です。

 

おそらくほとんどの社会人の方は予備校へ通うための学費を自分で賄うはずです。

 

しかし予備校は決して安くありません。月々数万円は消し飛びます。

 

最後に周りの環境が問題です。

 

当然ですが予備校に通う人のほとんどは20才未満の子供です。

 

もうほとんど大人といえるかもしれませんが、社会人を経験してる皆さんからしたらまだまだ子供。

 

周りが子供ばっかりの中、明らかに大人である自分が混じるのは意外と精神的にきついと思いますよ。

 

これら3つの理由から私は塾・予備校をおすすめしません。

 

ということで今回は社会人のみなさんにおすすめの勉強法を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

 

通信教育

教材を郵送で配布したりネット上に公開したりすることを通信教育といいます。有名どころではベネッセやユーキャンがありますね。

 

受験に関しても通信教育は有名ですが、子供の場合ははっきり言って通信教育は向きません。

 

監視がない状態で子供に勉強を野放しにしても、長続きしないんですよね。

 

ただみなさんのように大人になって自分の意志で受験をする場合は、通信教育はかなり効果的です。

 

金銭的にも非常に安価なので、通信教育を利用して勉強するのも考えてみてもよいでしょう。

 

⇒通信教育の資料請求はこちら

 

オンライン家庭教師

普通の家庭教師はバイトの大学生が担当するので質の高い授業は期待できませんが、オンライン家庭教師はプロが担当するので自分の実力と目的に対応した授業をしてくれます。

 

また通信教育と同じく家で学ぶことができるので、時間の節約にもなります。

 

オンライン家庭教師によっては社会人のためのコースが用意されてるので、当サイトの比較を参考にしてみてください。

 

⇒オンライン家庭教師の比較はこちら

 

料金は他の勉強手段と比較しても圧倒的に安いですね。ネットを介して授業するので企業的にも人件費しかかからないのが大きいです。

 

そしてオンライン家庭教師を雇う一番のメリットはモチベーションが保ちやすいということです。

 

やはり大人とはいっても毎日コツコツ勉強を続けることは、大変なことです。

 

一人で黙々と頑張り続けれる人は10人に1人もいないでしょう。

 

オンライン家庭教師を雇えば週に何回か定期的に勉強の進捗具合を確認してくれるので、勉強を続けるモチベーションにつながります。

 

通信教育もおすすめできますが、やはりさぼろうと思えばいくらでもさぼれてしまうので、そこが難点です。

 

通信教育とオンライン家庭教師どちらが良いかは個人の性格によると思うので、自分を見つめなおし勉強手段を検討してみてください。


トップページ 先生の質で比較 受験対応で比較 料金で比較